読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球を送りバントしたい

デザイン、科学、音楽を中心に。 気になったことをつらつらと。

シマウマは乗馬できるのか

 

f:id:buntion:20160415164157p:plain

先日ライオンの話をしたときに

ライオンはシマウマより遅いと書きました。

これって、ライオンが遅いのではなく

シマウマが速いということなのではないか。

そういえばシマウマって乗れるの?

という疑問が湧いた。

 

 

実際に調べてみた

馬といったらサラブレッド。

彼らと比較してみると、

サラブレッド:時速約69.3km

野生のヤマシマウマ:時速約64km


なんだ。あんまり変わらないじゃん。

もちろんどちらも人が乗ってない状態。

しかもこのデータは

野生側はおそらく舗装されてない場所。

 

野生でこんだけ速かったら、

しっかり調教すれば、競走馬にできるんじゃないの。

期待が膨らむ。

 

だが問題が

シマウマ乗馬計画は順調に思えた。

しかし、現状で競走馬どころか

実際に乗馬している写真すらみたことがない。

 

なにが一体問題なのか。調べていく。

 

シマウマはウマではなくロバ

シマウマはウマ科ウマ属。

疑いようのない、ウマ。

そう思っていた。だが、実際は少し違う。

f:id:buntion:20160415160226p:plain

上記の図のように、

シマウマは他のウマというよりもロバに近い。

外見も耳が大きく、鳴き声もロバに似ている。

 

f:id:buntion:20160415162725j:plain


最近のメキシコでシマウマとロバが交配して、

ミックス馬が生まれたらしい。

 

英語でシマウマは「ゼブラ」、ロバは「ドンキー」。

それら合わせて「ゾンキー」ということだ。

よって、ウマというよりもロバに近いのかもしれない。

 

シマウマの性格

いやいや仮にロバだとしても、

ロバに乗ることだって結構ポピュラーじゃないか。

なんも問題もない。

 

しかし、一番の理由は性格であった。 

19世紀からヨーロッパの人がシマウマを家畜化しようと試みたが、

成功した例は非常に少ない。

f:id:buntion:20160415160247j:plain

ウマと人間の歴史、関係はとても深い。

何千年と長い歴史を経て、互いに信頼しているのだ。

 

だが、シマウマはウマではない。

試みたが、気性が荒過ぎて調教できない。

警戒心ゆえか人間と仲良くなれなかった。

 

それなら、ウマのが手っ取り早くて良い。

これが、一番の理由である。 

 

ちなみに

調べていてわかったことだが、

シマウマは美味しくないそうだ。

 

ケニアの方では食べられるそう。

家畜できないから、どのみちアフリカだろうけど。

 

「筋っぽくて固い」そうである。

これだけ足も速く、野生オンリーなのだから当たり前か。